Menu

結婚する前に、1年間通ったお料理スクール



母にすすめられ、嫁入り前の花嫁修行として、料理教室に通いました。週に1度、3時間で、料金は年間4万程度でした。参加人数は、20人?30人で、4人1組で一緒にその日のメニューを作ります。生徒の年齢層は幅広く、学生さんから定年退職した男性までいました。

まずは、エプロンと三角巾をして席につき、先生と助手の先生が一通り料金を作ります。食材の選び方から、切り方など細かく教えくださいました。その日のポイントや、その日のメニューに関連した思い出話など、アットホームなお料理教室でした。先生は、おばあちゃん先生で、助手の先生は30代ぐらいの綺麗な先生で、どちらもとても感じの柔らかく優しい先生方でした。

・お米の研ぎ方では、水の中では研がず、水をきってから研ぐ。
・お味噌汁を作るときの味噌こしは、ステンレスの味噌こしとステンレスのおたまを使ってこすと、鉄の風味が出てしまうのでおたまではなく、すりこぎ棒を使ってこす。

基本的なことから、魚のハラワタを割り箸で綺麗に取る方法など、目からウロコのようなことも教えてもらいました。レシピはファイリングしているので今でも見返して我が家の食卓に並んでいます。先生は、地球環境のことまで配慮し、料理排水のことも気にかけながら料理をしてほしいとおっしゃっていました。1年間学んだ事は日々の生活にとても役に立っています。